Entries

Dominant



充分過ぎる光を見た。

そんな気がした。
「もういいよ。」
そんな事すら掻き消される現実に俺は遥か彼方の残像を見出そうとする。

俺の中にあったわずかな過去の唯一の支えだった「声」すら忘れ
感情がどんなものだったのか忘れてしまった。

手を引かれる感覚なんて知らない。

それが、最近では何も。残っていない。
堕ちるも登るも全て自分で決めた事。

今までの事に後悔したことがない。
しかし、それ自体が問題だって事も。

何故ここに俺が居るのかすら分からなくなる。
この感覚を伝染させてやれるもんならしてやりたいわ。

腐りたくないと思っているうちが救いだった。
最初から詰んでいたも同じ。

痛みって、なんだっけ。
失うってなんだっけ。

一度開いた傷なんて癒えるはずもない。
ここに居れば。
見つかればどうなるかもわからないのに。

感情を経験すれば、合理的で理屈で固められるなんて思っても居なかった。

消化されなかった感情は、冷酷さと残虐と皮肉しかならない諧謔。
そんなどうしようも無いものに姿を変える。

それを諦めって言うんだっけ。

そう自分から進んで成ってきたように思う。
何を見ても被害者より、加害者の方が楽にしか俺は写せない。
失うものの大きさが、圧倒的に違う気がするんだけど、何か違う?
だから、争いが絶えない訳だけど。

感情を理性に変える。
それを経験っていうんでしょ?

背徳って、日本と海外じゃあ意味合いがだいぶ違ってくる。
宗教が無い分、日本は人が中心となる。
宗教が生活に根付いてる分、宗教国では宗教規律が原則となる。
どっちも大体、生・死という「存在」「道徳」「法律的要素」は共通している。

神を崇拝する人はそれに順ずる観念が集団で起こる。
人を現実とする避けられない日常を巻き込んでの「徳」は個人単位が強くなる。

その分、日本の「背徳」はより残酷で生々しいものと成りやすい。
反対にその分、世界でも評価の高い「徳」と「文化」を築き上げた。

個人単位での価値観が暴走するネット社会も、
無駄に規律に忠実で常識を強いられる現実社会のバランスが
取れなくなっているのが今の現状だと、逆転は早いな。
何て考えたりする。

感情と欲から来る嘘が、大嫌いなのよ。俺。

真実や事実しか、要らない。
それがどんな意味合いを持とうとも。

俺が、人の名前を聴かないのも、どうでもいいのも本当。
人の名前を呼ばないのも、覚えられないのもそういうこと。
来なくて良い所まで来たな。
そんな感覚。
何も届かないし、響かない。

頭が痛くならないうちに帰ろう。
手が届くうちに、言おう。

俺がまだ、諦めないうちに。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!