Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜更けの。

0012012.6.28 021

乱雑な部屋に、むさ苦しさが増し、窒息しそうだった。

何処でもいいから出て行きたい。
遠くまで出る気力も無く、炭酸水だけを求め外に出た時の事。

妙な匂いを孕んだ空気と、あたしの何かを乱す虫の鳴き声がしてた。
自身の疎ましい感情の記憶が甦り
縋る様にカメラを取り出した。

0052012.6.28 016

何故か、空ばかり取り続けていた。
何故か、只管上を見上げていた。
あたしは、この空の色が好きだな。なんて思っていた。
それは何故か妙に明るかった。

この空に色んな感情と記憶と思いと不安が駆け巡る。
美しすぎる視野に呑まれ、それは全て脳と体に浸透していく。

この混乱の中にどう身を置くかを考えた。

あたしが表出すすべてのものが単なる痛みと苦痛の現れであって、
この孤独感からはどうやっても抜け出せない。

写真も、文章も、絵も、音楽も。


あたしは、どうしてこんな事態になったのか。
一瞬非現実的な白昼夢に侵される。

00062012.6.28 040

子供の時から空を眺める度、感情を雁字搦めにされている感じがしてた。

そして自由が何なのかを知らない。その利用の仕方も。


0022012.6.28 045

只管、空を眺め歩き続けた。

確かに、この足で色んな場面を駆け抜けてきたハズだけど。
確かに、この足で色んな土地を踏んできたハズだけど。
確かに、この足を色んな人が触れたハズだけど。

それらは全て一過性のものであって、決して留まる事は無く流れ。

通過した温度さえも流れていく。

何処も歩いていない気もするし、只管進んでいるだけな気もする。
まぁ、そんなんどうでも良くて、
あたしは趣くままに動いているだけ。

0042012.6.28 035

古いものと新しいものが融合する場面に現実を感じ、
その記憶すら遠くなって、自分が見てきたものさえも忘れそうになって
忘れたくなくて、感情を取り戻そうとする。

絶対に戻って来ないものを求めている。
確かに失った、疎ましくも大事にしていてたもの。

あたしの表現するものは全て悲壮感を与える。
意図的なものではなくて、これがあたしの中心にあるもの。

激しい快楽は激しい痛みとなって脳を壊す。
快楽が暴走して抑制をかけた結果だとも思う。

快楽は苦痛になり、苦痛は快楽とはならない悪循環が精神を潰す。

人の居るマンションのところまで来て、やっと現実に帰ってくる。
安心感を覚え、つかの間の孤独感から解放される。

今日の夜空は吐き気がするほど異様に美しかった。
美しいものは一瞬で死んで欲しい。

そんな事を思いながら岐路に着く。
残念ながらその美しさを捉えることも出来ずに。


スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。