Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Batteredxxx

コレをなんと言ったら良いか、誰か。教えて。

明らかに手に触れる答えを触れていないかの様に誤魔化す。


奥深く沈んだ空気の存在すら確認できない「底」で。



弦が弾かれるたびに皮膚が摩擦し、
肉を裂くか裂かないか判らないくらいギリギリの傷跡を残す。

張り詰めた弓が飛ぶのを躊躇っている様に
限界まで引かれた弓は
紡がれる事無く朽ちて墜ちる


その崩れる様が観る者に快楽を与え、
残虐さを孕んだ残骸は一双して美しさに姿を変える。

Tell me no more stories 
And I’ll tell you no lies
No one wants to hurt me

触れられない儚さに嫉妬を覚え、
決して解らない真実に絶望的な不安が神経を侵し
耐え切れない程の焦燥を煽る。


残虐な程、人の快感を掻き立てるように、
現実が酷くなれば成るほど、それは砂糖菓子の様に甘ったるくて
心地のよい快楽に変わる。


その性質を見透かし嘲笑うように旋律は流れ、
弄んだ音の切れ端は、尖った繊維に絡まり、落ちる事無く余韻を残す。


何度も何度も、「酸素」を欲するように求めた。

与えられても与えられてもその「快楽」を貪欲に求めた。


あたしは音を細胞に埋め込むように溺れた。


全てを快楽に変えようとする快楽至上主義のあたしが、
快楽の限界を越え、苦痛の域まで到達したものには
その苦痛を逃れようと体が反応する。

人間としての防衛本能。

涙、叫び、鳥肌。防衛本能。

嫌悪、拒否、否定、虚無、無意識。

I knew you'd take me back
But still I feign confusion

My world was too unstable
You might have seen the end


理性で拒絶しても、本能で受容する。


本能が「酸素」を欲するように。
自分を殺そうとするものに「身体」が拒否するように。



理性と対極の本能が勝つあたしは、とても貪欲だと思う。




私の世界は余りにも不安定だった 
 


何を言うべきかも。何を選択するのかも。


あたしは自分で自分の感情を理性で封じ込めた。


思えば思う程、あたしは無機質で冷たい言葉ではぐらかす。



私の世界は余りにも不安定すぎた。



その矛先は罪の無い旋律に向けられる。

それを唯、意味も無い細胞分裂の様に繰り返しているだけ。

唯、それだけの事。




スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。