Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

What Have You Done

drujlkkkk.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=gEgXDhiayz4&feature=channel


I want my innocence back.
I want my innocence back.
I want my innocence back.
I want my innocence back.


私は無罪になりたい。私は汚れのないものに
この体と脳から全てを抜き取ってしまいたい。


I want my innocence back.
I want my innocence back.


全てが無かったことにしてしまいたい。
幾ら洗っても、削ぎ落としても拭いきれない。

自分自身に対しての罪悪感
叛旗を翻し、自身を敵視する
当然その攻撃はアタシへと向けられる


潔癖で無知で幻想の世界に住む精神と
堕落して穢れすぎて歯止めの効かない存在と
不一致が不協和音を奏で暴走を始める


アタシに善意なんてあったかしら。

アタシに徳なんてあったかしら。


目的の為には手段を厭わない非現実的で現実な
合理的で無様な

自分を裏切った罪悪感

完全に侵食される頃には
そんな事にも無感覚に成っているだろう


例え、世間では「常識的で普遍的」にある事だとしても。



アタシの「禁忌」を侵す領域


気分の良いものじゃ無ぇな。

綺麗事が言えるのは、その事実を知らないから。
同情なら、幾らだってできるだろ。

偽善に映るのは、勝手な理想論を掲げているだけだろう

本当の善なんて、誰が決めているものでも
ましてや、誰かが知ってるなんて思えない。
当然、あたしも知らない。

ソレを目の当たりにして、その綺麗事が吐きだせるようなら
なんて浅はかな戯言なのかと
その拙い情報で全てを知った様に吐き捨てる。
その能天気っぷりに頭かち割りそうになる。

I want my innocence back.
I want my innocence back.

あたしは何も知らない
あたしは


あたしはその不確かな存在の為に足掻いている
罪悪感。


自分自身の存在への罪悪感


確かめる様に。拭うように自らを傷つける事は意味が無い。

慢性的に受け入れる事が出来ない

I want my innocence back.
I want my innocence back.

自分で自分を守る事すら出来なかった罪悪感

止まることが出来ない嫌悪感

I want my innocence back.
I want my innocence back.

変に植え付いた吐き気のする「倫理観」も「正義」感も
葛藤が生じない位、壊れてしまえばいい。

これがブチ壊れるのであれば

何だってやってやるよ。


この嫌悪感から逃れられるのなら



スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。