Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aggression

あたしが愛情を欲していたのなら、あたしは全てを話さなかっただろう。

自分を犠牲にした分。曲げた分。その代償を求めてしまうのだろう。
感情を支配されて振り回されてる分、
同情を愛情とすり替えて錯覚する。

自分自身が被害者という物語を書いて陶酔に溺れる。
神格化された自己像は誰も何も侵さない聖域だからね。

それで存在意義が感じられるというのであれば、自傷行為に過ぎない。
禊いでいるつもりなら、そんな悪趣味でタチの悪い事は無いよね。

もう、気づいてるでしょ?
自分が救われるための救済は、気付いた頃にはその同情は憎しみへと変わる。


間違ってもあたしが愛されていたとは言えない。


それは同情を欲していたからだろう。
与えられても与えられてもピンと来なかったのは、
求めているものとは違っていたのだろう。

そしてあたしに今まで与えられてきたものも 「同情」だと思う。
それは今まで与えてくれた人に対して、大変失礼極まりない事だと思うけど。

それに気付いた時には感情を越えて無関心に成っていた。
それに気づいた時には自分の事を何も話さなくなっていた。
お得意の言い回しと、立ち振る舞いで誤魔化して。

愛として、
マザー・テレサは、「痛い愛」を求めた。
自分自身が犠牲を払う事が、愛情だと語った。

例えば、自分の着ているものを一枚差し出す事の様に。
大金を払うより、痛い思いをして差し出す服の一枚が価値がある。愛だ。と。

あたしにしたら、どちらも身を削っているのは確かに違いないのだけれど。
マザーが言いたかったのは、愛の深さとかの問題だろう。
自己犠牲の無い愛は、愛ではなく、唯のご都合主義って事なのだろうか。
そうだろうね、きっと。

「自己犠牲は愛では無い」。と、昔からあたしはREALに書いている。
それは勿論、極端の事例を元に言った言葉だけれど。

でも、あたしは、自己犠牲の愛しか知らないし、
それ以外の愛情表現なんて、できやしない。

尽くしたり、貢いだりとか現実的で金銭的な事を言っているんじゃない。
それは唯の色営と変わり無い。

自分の身を削るのと、精神的に委ねる事は違う。

あたしが自己犠牲を疎んでいたのは、
与えられた愛情に対してあたしが、何の代償も払いたくない。
という、無関心の意思表示である。
勿論、その気持ちにも答えられない。
勿論、君にも興味は無い。
何も与える気がしない。

反対に
あたしは、見返りの無いものには興味ないからね。
あたしにとって反応の無いものなんてなんの価値も無いんだよ。

だから、その抑制している感情を出してみなよ。
君の求めているものは何なんだ?

同情か、愛情か、それとも唯の寂しさを紛らわす為の口実か。

それとも自慰自虐の為の攻撃的な挑発か。
自分に酔いたい? 蔑まれて罵倒されたい?
ねぇ、尽くす自分に酔いたいんでしょ。
前のアタシの様にね。

今まで自分が何かすることで、相手に何かを変えられるんじゃ無いかと思っていた。
あたし自身が、今まで何度も人に助けられていた様に。

でもそれは、唯のおこがましい思想で。
辛いことであれば、少しでも薄れる様になればいいと思うし、
トラウマがあるのなら、その固定された記憶から違った視点で
上書きできれば、克服していけるんじゃないかと考えたり。

でもそれもあたしのエゴで。
それに縛られて動けない姿を見るのが嫌だったから。
今でも苦しめられている姿を見たく無かったから。

そう言ってしまえば、綺麗事でも何でも無くなる。

そして実際、人を「変える」のは困難で。
最善を尽くしても、あたしの力ではどうにも出来ないのは解っている。
何度も何度も全力で向き合ってきて、
それはもう見事に、欺かれたりしたけれど。

同情しか与えてなかったから、君は自己陶酔に陥ったのだろう。
愛情を与えていれば、君は怖くなって逃げ出しただろう。

君は失うのが怖くて、いつも逃げたんだよね。

何を勘違いしているのか知らないけれど
その自分の感情に忠実すぎるのもどうかと思う。
それじゃあ唯の子供に過ぎない。

自分の都合の良い様に人を動かして、解釈して、
全てを愛情だと錯覚しているのは、
本当に幸せと言えるのか。

指先の感覚が無くなる位、凍える時期には
答えは出ているだろう。

あたしが同情を欲していたのなら、あたしは君を欺いていただろう。
溺れる程鮮明な、その悪夢の様に。
スポンサーサイト
  • at 01:27 
  • [REAL
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。