Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劣化の一方。

「人の堕ちていく姿って、壮絶なものあるよな。」
そう言った君の言葉を思い出す。

「それ」を見る機会は決して稀ではなかった。

そしてあたしの感覚の中でも当然かの様に、
無関心になっていた。

無視できなくなる位の衝撃。

たかがあたし一人が動いたって
現状は何も変えられない。
そんな事は判っているし、そんな自己満足に
浸る程自惚れても居ない。

何が悲しいのかも解らない。
それに、何をやっても無駄なことは解ってるし
全力で向かう気力すらもう、失せている。

本当に見たくないものには目を閉じろって?

そうだね。それが「普通」らしいね。

逃げる事と無関心であることは
全くの別物だとは思わない。
無関心に達するまでの過程を辿る事もある。

満月の衝動に、現実の葛藤が重なって
抑制ができなくなりそうだった。

暴走しても、なんの解決にはならない。
更に加速するだけだ。
だいぶ衝動の抑え方も隠し方も身に付いた。
そう思っているのは一瞬の戯言。

疲れたんだよ。いい加減。
「もう、うんざりだ。」何度そう吐き捨てただろう。
人と関わっている間は逃れられないものなんだけど。

あたしが人と関わらなくなったときが、
本当に全てに無関心になった時なんだろうね。
ふと、そんな事を考える。


自分の感情が擦り減っているのが
痛い位解っている。

もう、きっと葛藤すら無くなっていくのだろう。
それを解放と呼べるのなら、
有難い事なんだろうけど。

あたしが「止まらない」時は、
感情から逃げている時と
「本音」を見失った時だった。

大概正気に戻った時には自分の整理はできている。

あたしの堕ちていく姿は、自分自身痛々かった。
今は堕ちた姿しか見られてないので
これ以上、墜ち様が無いかもしれないけど。

とりあえず。
本末転倒になった夜職もあがった事だし。

この仕事が終わったら、
スローライフと言うものに全力で維持したいけど笑。
昼、普通に仕事して、
家に帰って飯作って風呂行って寝る。
で、時々スィーツ的な生活(笑)

案外、蜂にさされて死ぬような
みんなの期待を裏切ります。

じゃあ、またねー
スポンサーサイト
  • at 22:31 
  • [REAL
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。