Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

批判の理由。

あたしは自分自身の為だけに言葉を吐き続ける。
批判や確信的に「特定」に責めはするけど。

「常識を疑え」

言葉を投げかけ煽り、反逆的に振舞う。

必死で。全力で。
何かを叫んだり惨めな姿を曝したり。
そこまでして響かせたい相手もいない。
結局唯の自己満足。

こうして不特定多数に問いかける。
たとえそれが、
空虚な螺旋だけを描いてたとしても。

現実に振り回されたり
過去に抉られたり
「言葉」に妄を見たり。

それは「信じたかった」のかもしれない。

冒涜的に反旗を翻す。

聖書を破き、崇拝する人を駁す。
「神」を引き裂いて、善をなじる。

あたしがしているのは
結局「反宗教」と言う名の「信仰」。

常識を疑え。

その常識しか信じることの出来なかったあたしが
我武者羅になってしがみ付いた

「非常識」

合理的なものしか信じられないし
偽善欺瞞には胡散臭いと牙を向ける。

何度も言う。
見返りの無いものには興味は無い。

理想を語るには、
それに見合った実力が必要。

小さい頃から道徳や倫理の教科書が大好きだった。
寝る前に必ず、道徳の教科書を母に読んでもらってた位。
現実的すぎる幻想の世界に取り込まれ、

いつの間にかそれが「真実」だと錯覚した。
「裏切ったり」「騙したり」することが理解できなくなり
美しいものだけを信じ、崇めて。

自発的に「宗教」的な教育を受けた様なものだ。
それが抜けないから
こうやって叫びつづけている。

「ソレ」が、所詮幻想と知ったのちのあたしが、
起こした行動は「悪」以上に残酷な「現実」
ぶち壊してしまいたかった。

結局、「自分に都合の良い思想」だけを
信じていただけの話。
宗教も、思想も、神話も。

宗教批判の文章ばかり並べ立てているのは
あたしのその盲目的な精神を否定したいから。

自分自身のために叫び続ける。
人の発言や行動に対して、真意を求める。
幻想だけの世界には生きられないから。

あたしにとっては、
神を信じようが、居ようと居まいが、どうでもいい。
冒涜する権利すらないと思う。

でも、
きっとあたしはこれからも
疑問を投げかけていくと思う。
自分自身の精神が納得するまで。
スポンサーサイト
  • at 16:54 
  • [REAL
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。