Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局は。

全てぶち壊していくというあたしの取り組み。

自分自身を取り戻せると思ったから。


でも、結局あたしは自分の「我」を貫き通してしまい。
やっぱりもう妥協はできない。

一度崩してしまったものは戻せない。

一度固めたものは中々崩せない。

少しでも欠けてしまったら、後は崩れるだけ。

もう二度と「自分」や「女」を売れない。

信念を曲げてまで媚売りたくないし、
今更、中途半端な事はしたくない。


曲げてまで「価値」あるものなんて、何処にも無い。


あたしのキチガイ染みた「信念」が邪魔をする。
一度決めたらきっと、死ぬまで貫き通すのだろう。
それしかできないのだから

それがあたし。
覚悟決めたら頑として揺らがない。
それが嫌で崩そうとしても、
やはり自分自身を許せなくなってしまう。

自分で自分を縛りつけて、八方ふさがり。

自棄で昔の様に荒れる事すらもできず、
泣くことも叫ぶ事も諦めてしまった。

諦めは逃げるのと同じ事と思っていた。

でも、
全力でやって、自分が納得するまでやり遂げて、
それでも限界はあるって事。

あたしは、ひとりで生きているわけじゃない。


「諦める」のは、それを全力で突っ走ってからする事。
自分の限界、納得いく位までやり遂げてからの事。
それをせずに中途半端に終わるから
悔いが残ったり、余計に逃げてしまうのだと思う。

たとえそれが結果として報われなくても、
必ず成長はしている。
それでいいんじゃない?

そこから学習して、進めばいい。

正当化するだけが術じゃない。


それでも、時たまに、

自分の限界を既に越え、コントロールできなく成ったとき、

本能が、感情を拒絶した。

少しでも気が緩むと、
今のあたしは壊れてしまうから。

何かで誤魔化すと、反動は倍になる。
だから、とことん自分と向き合った。

所謂、正常すぎる「正常」の中に身を置いた。

それが切れて、暴走するとは思えない。

何も感じないんだもの。

感じなくなりすぎて、何も受け付けなくなった。

音楽も、視覚も、匂いも。

拒絶でも何でもなく、シャットダウン。

感性に触れる前に受け付けない。

感情を揺さぶるものなんて、何一つ要らない。

自然と求めなくなっていた。

あたしに入ってこようとする何もかもが、

華麗にスルーしていき、あたしには響かない。

何の意味も成さないものは要らない。



続きを探している。あたしが遣り残した「続き」

それが何かなんて、ハッキリと見えてきた。

きっと、あたしは何もかも忘れてしまうだろう。

この音も匂いも、存在さえも。

感情をシャットダウンして手に入れたものは

自制するまでもなく、「沸きあがらない」感情と意欲。

これが、上手い生き方だなんて、良く判ってるんだけどね。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。