Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飢餓感

飢餓感

あたしは常に飢えている。

何に対しても。

それは根強い劣等感から生まれたもの。

あたしは何でも欲しがった。貪欲に。

知りたい・見たい・感じたい。

゛ねぇ、あたしを愛してよ゛と。

愛情に飢えた。状況的に欠けてしまった不可能な愛情を。

もう、充分でしょ?と言われても抑制が効かない。

どれだけの愛情を誰から貰っても満たされない。

あたしは飢えている。゛人を愛せない自分゛に。

なにもアタシには響いてこない。

中途半端な愛情はいらない。

どっちかにしてよ。
自己中心的な愛情のはけ口にされる気はないのだよ。
動けなくなる位に壊したい。
愛情だとか憎しみとか、そんなものではなくて。

相手を壊す分だけ自分も壊れていく。 「取り返しの付かないほど」に。

壊しすぎた。

痛々しい程に崩れていくものだからあたしは何も感じなくなってしまった。

どうしても飢餓感から逃れられない。
こうしてバタバタと足掻いたってどうしょうもない。
なにをしても、どこにいても。何も満たされない。
何を求めているのかすら解らず。

きっと、飢餓感だけがあたしを生かしているのだと思う。
満足することがあるのだろうか。
解らない。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。