Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と自己犠牲

自分を犠牲に相手に尽くすことが愛だとは思わない。

自分自身を犠牲にし、「愛」を訴える人。

「君の為だ」と自分の期待を押し付ける。
「こんなに愛しているのに」と「愛」に答えないあたしを憎む。

そんな愛なんてあたしはいらない。
何がしたいのよ。
吐き気がするんだ。どうにかしてくれ、その見苦しさ。その欲とエゴに。

小説で自分を売り、相手の為に稼ぎ、病気で死んでいく。そんな小説が流行った。

それを「純愛」と呼び、涙する読者続出。
自分には出来ないから美しいと感じるのか。
その痛々しい姿が被害者意識を高ぶらせるのか解らないが、

自分を犠牲にすることが美徳らしいね。

鶴の恩返しが美徳と幼い頃から植え込まれた結果がこれか。

あたしはそんな愛なんていらないししたくもない。
唯の自己満足でしょ。
そんな自分が好きとか。ここまで人を愛せる自分に酔うのか。

自分を犠牲にすることでしか自分を表現できないというのならそれはそれでいい。

でもあたしは自己犠牲が愛だと洗脳されてしまう人が少なくないという現実に吐き気がするんだ。

「不幸知らずの不幸好き」

もう、同じスタイルは見飽きたんだよ。

昼ドラなんてまさに不幸好きには堪らないだろうな。
いざ自分に降りかかると大変な事になるのにね。

自己犠牲という見返りに何があるのだろう。それが最大の自己陶酔と価値なのか。
あたしには理解できない。
売れている小説なんかは自己犠牲や不幸。この要素が欠かせないらしいね。
それがいっそう幸せを掻きたてる手段としてなのか、自己確立の為の道具なのか。
まあ、どうでもいいことだけどね。

あまりにも自己犠牲で愛を訴える人が多いと見受けられるのでね。
身近で見てて疑問におもったんだよ。

あまりにも度が過ぎるんだ、自分を売ったりそれで精神壊したり。
あたしはそれ以外の表現方法ができたら、どれだけいいことかなと思う
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。