Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堕落論

「堕落する」とはいったいどういう事なのか。
人間として?個人として?男・女として?何をもって堕落と言うのか。
肉体的・精神的・社会的堕落がある。
その中でも一番眼に見えて現れるのは社会的堕落なのか。       
あたしは社会的堕落とは、一般的に犯罪を指すものと考える。                       

肉体的・精神的堕落はどうだろう。
この二つは個人の価値観が強く反映され、一概に言えるものではない。         
質問していく中で肉体的堕落とは、

「体が不自由になったら」というものが多かった。

精神的堕落とは。「本来の自分ではなくなったら」「基準が下がったら」「信念が失われたら」
「自分を売るようになったら」・・・など、個人の主観や価値観が主体となるのは言うまでも無い。  

その中で興味深かったのは「幸せになったら」というものが挙がった。

推測でしか無いが、幸せになると盲目に成りがちになる。                                     
物事を考えなくなってしまう、自分主体になり他を見落としていくようになるのではないか。

満たされれば感情を失う。

これはアタシが経験し、体験実証済みなのである。

解りやすく例えれば、満腹で満たされたとき、熟睡できた時など比較的ストレスが無くなり、
穏やかになる。 これは科学的にも証明されている事である。 その感覚と似ているのだ。

あたしは「幸せ」「自分の範囲内で満たされている」時、全く何も考えなくなっていたのだ。

これまで飢餓感がアタシを動かしてきた。 あたしにとって哲学を論ずる事は最大の自己防衛だから。

「幸せ」な時、そんな事どうでも良くなってしまうのだ。

幸せは長く続かず、次は欲や現状維持に苦しむようになる。    
それが向上心というものなのだろうが。

そして何を求めていたのかさえ失っていく。

そんな事が多い様に思う。 人間は生きている限り堕落していくもの。
かつて堕落しなかった人間など居ないのである。そしてこれからも。

一番純粋なのは生まれた時だけ。

知識は理性や知恵となって生きていく術を学んでいく。   

感情が芽生え、社会的欲求に曝されるからこそ堕落するのである。                    周りから見れば堕落している様に見えても個人的にはこれでいいと思う事だって多くある。                  
だからこそ現実だけに流されると自分自身を見失い、周りに振り回されるのだと思う。                     
他人に合わせるだけでもなく、自分のエゴを貫くだけでもなく。
それはとっても難しい事。                    
自分自身を維持していく術を識り、最低限堕落せずに生きていけたら。
「目に映らない幸せ」なのかもしれない。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。