Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLUTO





http://www.youtube.com/watch?v=63pGPBYyEtc



一瞬過るその風景に妄想を夢見る。

突然来た眩暈に。



身体が火照った時だけ、鮮明に浮かび上がる「痕」に

君の何か言いたげな薄笑いが、

確信的な殺意に変わった瞬間、ある旋律が駆ける



「現実」が狂気に達し、あたしは高笑いをあげる

この逃げられない檻の中で



右腕に「烙印」を捺される。

腐りかけて、千切れそうな音を奏でる。

左耳は既に「音」を失い、過剰な程「視」に神経が集中する。

脚は既に裂けた傷から骨が剥き出しになっている。

焼けた靴で踊り狂っている様な「狂気」



身体は全力で生きようとしている。



あたしの目に写る景色も、感情も、命さえも。消えそうになる

この迫り来る時間と繰り返される闇の中で



水が欲しい 枯渇した身体と虚ろになった精神



ここから 逃げないから 水を頂戴



時が経てば経つほど衰弱に、蝕まれる

喉が渇いて 仕方が無い 



あたしは手術台に磔にされている

「何か」が内臓を抉る 貪る様に引き摺りだされる

無機質な天井で事の終わりを待つ

管に繋がれ、バラバラになった身体を繋ぎ合わせていく。

それは歪なく乱れを修復していて。

でも、空っぽに成った内臓だけは虚しく無を描いた



客観的に「あたし」を見る「自分」

アタシ自身の死体を見つめながら、問いかける



飢えが 人工的な暑さが こんな「夢」を見させる



隔絶された恐怖の悪夢



夏が終わる「日」にはいつもこんな夢を見る

人工的な暖かさで眠る「臨場感」

境目が判らなくなる位リアルな「夢」の中で

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。