Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Within me





http://jp.youtube.com/watch?v=rGSgOF020C8



初めてLACUNA COILと会ったのはLOUDPARKだった。

ヘヴィ・メタルなだけあって、力強い曲から飛ばしていた。

そんな中、急に流れを止めるかの様なイントロが包み、

一瞬の静寂がヒートアップした周囲を緩和させた。



あたしは激しい悪寒に襲われる。

一発で致死的に心臓にナイフを突き立てられる衝動。

でも、決して抉られはしない。



ゆったりと強く低い声、流れる様なギター。

ツインボーカルの同調、エコーが余韻を残し、

あたしの全身を支配した。



響いて来たのは統一された音色。

途中、あたしの意識の中でクリスティーナの声は遮断され、

その繰り出される音色だけが身体に侵ってくる。



滴る涙にも気付かず、あたしは全身でそれを聴いていた。



あたしの中の、何に共鳴したのか、解らない。

繰り返される身体の反応が、精神を全て支配し、

聴覚を狂わせた。



この曲はあたしの弱さを全て引き出させた。

現実に向き遭わされた。



聴いてはいけないモノを聴いた感覚。

多くを占めていたのは親和性。

深すぎるベースに、気が狂いそうになった。

奥底で、響く。

あたしは遠い昔に忘れてしまったモノが目覚めた。



胸苦しさ、切なさ。遠い昔に忘れてしまった「愛情」

そして、「罪悪」。



あたしはこの刹那に、許しを乞う。

固めていた自己を削ぎ落とすかの様に流れる涙。



全身で泣いていた。全霊で叫んでいた。

「あたしは、此処に居たいの!!」と。



生きていたい。



例え、全てが拒絶に変わっても。

それが、死への願望に姿を変えた事もあった。



全てをこの曲に委ねて、禊たい。

意味の無い、あたしの代償行為。甘え。

隠し通したい感情を無理矢理引きずり出される妄想。



Liveならではの臨場感がそうさせたのだろう。

それに合わせて会場では一瞬の凪の様な空間が流れていた。



そしてその曲が終わると何事も無かったかの様に

また激しいヘヴィ・メタルに戻る。

呆気に取られて、脱力感に襲われる。

でも、余韻だけは俄然として残っていて。



あれから一年。

今でもこの曲を毎日欠かさず聴き続けてしまっている。

このかつて無い中毒性。

映像はイメージに同一し、非現実さを醸しだす。

色褪せた風景が沁みる。



ある出来事が起こった直後、この曲にシンクロしてしまう。

その記事は今年の3月27日blog参照。



決して共感を求めている訳でもないし、胡散臭い理解も要らない。



あたしが感じたままを伝えたかった。



肌寒くなるときに気が滅入るのは、

自分自身を冷静に客観視したり、

向き合う空間ができあがってしまうからだと思う。

夏はそんな空間を飽和させてくれていた。



朝の肌寒さに、一気にこのライブの事を思い出した。

静過ぎる精神状態。硬直状態に近いのかも知れないね笑

スポンサーサイト

Comment

 

あら、晶ちゃん、以外や以外笑

去年、あの場にいたのね。

今年はマンソンもラクーナも来ないよ泣

ライブの際は是非一緒にキチガイましょう☆

まずは、怪我治して挑みましょうー
  • posted by sakyo 
  • URL 
  • 2008.10/04 06:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

マンソン好きは、皆、好みがかぶるね(笑)

あたしもラクナコイル大好き

去年のラウドパークはモッシュにダイブしたよ(笑)

ラムシュタインにKMFDM

嗚呼 あのまま息の根止められたいわ

最高!!!!!
  • posted by 晶 
  • URL 
  • 2008.10/03 23:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。