Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この時期

この時期になるといつも思い出す。

一週間誰にも気付かれること無く横たわっていた君の事を。

゛この時期は危険なんだよ゛そんな事解っていたのに。

あたしに何かが出来た訳じゃない。

そんな事相手も望んでいなかった。と。

君の永遠の不在という現実が目の前に。

死は美しいものなのか。美化すべきことなのか。

何者でもなく、アタシにとっては現実的に終わって精神的には

永久的に続くものだと思う。

ある意味享受。宗教でもなんでもないのだが゛死は救い゛

あたしはその救いを何度も欲しがった。

だからその現実が眩しくて堪らない。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。