Archive [2011年10月 ] 記事一覧

帰国の理由。

あたしは間違いを犯すと思った。その瞬間、シャッターを押すのを止め、カメラをしまった。何をしているのだろう。何をしているのだろう。 台湾での災害がフラッシュバックする。泣き叫ぶ人を横目で写真を取る。それは茶化してるようで、死者や遺族をバカにしている風景に違いは無かったあたしがその立場なら、同じ様に憤り、怒りを露に憎悪と嫌悪をむき出しにするだろう。あたしは、間違いを犯している事なんて百も承知だった。そ...

thunderbolt

その「音」を聞いた瞬間、嫌な予感がした。感覚が封じ込められるような閉塞感と、重圧。重低音の所為でも、テクノを組み合わせ所為でもない不思議な不協和音となって今まで築いていたあたしの音感を乱す。「これ以上、今は聴けない。」そう判断して、視聴ブースを後にした。本能的に防衛本能が働いたのか、音を認識できなかったのか解らない。それは、今回「宇宙」をテーマとした彼女の意図とは全く反側とした感覚だったのだろう。...

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!