Archive [2007年02月 ] 記事一覧

平和な日常

愛媛の友達が仕事で東京に一週間居た。部屋が汚いまま迎えてしまい、東京初夜は彼氏が家に居ないことをいい事に彼氏宅に押しかける。ふたりして鍋やらなんやらで結果、部屋を散らかす。最終日も友達参戦し、結果一週間飲みっぱなし。楽しかったのでなんだかんだでよしとす。...

遂に・・・・

刺されたんだよ、サクッと。まぢで。ショックだよ。包丁は食べ物を切るものですよ?あたしの身体に君の記憶が刷り込めたかい?これで満足かい?君はいつもあたしの身体に「君」を残したがる。そう、傷があれば忘れることなんてないよ。それに纏わる記憶はね。それならば君の残した傷跡の上から刺青をいれておくよこれだったら一生残るでしょ。しかもこんな目に見える場所。血の赤と。あたしの決意と共に。これが「愛」に答えられない...

ご案内

プロフィール

sakyohidzuki

Author:sakyohidzuki
左京
S.58.9.28

いつまで経っても手負い。笑
この運動神経のなさで生き延びているのが
不思議なくらい。

現実には色んな事柄に束縛されてるのに
今まで以上に自我のまま進めてるのは
一種の諦めのようにも思う。

昔一番だったものは入れ替わり。
眼中になかったものに価値を見出し

攻撃系はすべて自分の内面に。
もちろん゛暴力゛は忘れずに。

時々感情のコントロールが出来なくなる
フラッシュバックに嗚咽が出るほど叫びまわっても
最期に行き着く場所は同じ。

知らず知らずに自滅しているのは
毎度のことで。

無関心に堕ちる前に
終らせたい事とか。

無様な姿を曝すのも
ここだけでいい


☆ポートレートモデル
再現VTR、MV、CM等々しれっと
いたりする。
ベストジーニスト2016一般部門
投票終了!
応援&投票有難う!!